人材育成

人材育成

住まいに関わる仕事は、なにかと法律と関わってくるものです。
スリーヴイグループではコンプライアンスを重んじるうえで、その道の専門家を社内に置くとともに、社員ひとりひとりの意識を高める人材育成を心がけています。
平成20年に特定商取引法(特商法)が改正になり、消費者保護の観点から、さまざまな規制強化が図られました。改正の背景にあったのは、悪質な訪問販売による事件。そのような儲かればいいという会社には人は育たず、未来もありません。
スリーヴイグループでは、まず全社員にグループの一員として接するすべての方への「感謝の気持ち」を持つよう指導。感謝は、相手の立場を理解することから始まります。そしてこの大前提によって、法への理解も深まるはずだからです。
そのうえで、グループ各社の新人研修では、通常の営業研修とともに法律についても充分な時間をとって学びます。
たとえば戸別訪問販売を営業スタイルとするスリーヴイホームでは、特商法のケーススタディを。建築業法の対象となる大規模物件を取り扱うスリーヴイアメニティでは、現場調査、積算、施工管理、そしてアフターメンテナンスまで研修期間中に学ぶことになります。
「感謝の心」と「法の知識」。ふたつをあわせもつ人材が、お客さまの喜びとグループの未来を築くものと信じています。

kensyu.jpg                                               【 新人研修ガイダンス 】



Copyrights(C) THREE V CO., LTD All Rights Reserved.