リノベーション事業

環境に配慮した『アウターリノベーション事業』


senmu_L.jpg

株式会社スリーヴイホーム
統括責任者
専務取締役 桑原 和也


外装のリノベーションは、主に一戸建てに対する外回りのリノベーション、外壁の塗装や屋根の葺き替えといった業務ですね。木造住宅を放置すれば、やはり雨ざらしのところから傷んでいく。屋根とか北側の壁とか、そういうところからどんどん汚れてカビが生えて、内部を浸食して腐らせていく。そこはしっかり定期的にメンテナンスをしていかないとダメだということですね。

いま日本の住宅の寿命というと、25年〜30年くらいしかないんです。なんでかっていうと、それはなんにもしなければそんなもんでしょう、と。そうすると、寿命になってしまったものは、あとは壊すしかありません。そして壊せば廃材が出る。廃材は環境を汚染します。この問題、もっと考えてもいいと思うんですよ。

ヨーロッパとかは壊さないじゃないですか、100年でも200年でも。それこそ家を直している様子が町の風景として絵になったりするくらい、家を手入れして次の世代に残す文化が定着しています。自分を育ててくれた建物・町並みというものに価値を見いだしてるんですね。その結果、環境を汚染しない。こういうことは、木造住宅が主流の日本でも同じであるべきだと思うんです。長く使うことのデメリットなんて、ひとつもありませんから。それに、内装というのは夢の実現だと思うんですが、まず外回りをしっかりとしておかないと、そこまでたどりつけないでしょう?だから家を長く保守させることは、地球環境の問題にもつながるし、個人の夢にもつながってくるんです。

もちろん、環境を考えるなら当然、工事内容そのものだってそこを意識しないと意味がありません。まずは塗装ですね。当社のオリジナル塗料は水性型ですから、塗装したことによる環境への影響はほとんどありません。また屋根に遮熱性の高い塗料(航空機に使用される塗料を家庭用に調整)を使うことで、エアコンの使用を抑えることもできます。こういうことも、ひとつひとつの家が対応していくことから、大きな流れになっていくと思うんですよ。家を買うって、大事業じゃないですか。長期にわたってローンを払い続けたりしますよね。なのに、何もしなかったら、払いおわる前に家は傷んでしまいます。定期的にメンテナンスをすることで、将来、手軽な内装工事だけで新しい住まいに生まれ変わらせたり、また次の世代も住めるように保全する----そんな考え方をもっともっと浸透させていきたいですね。

家族の夢を叶える『内装のリノベーション』   

内装のリノベーションは、主に一戸建てとマンションを対象にした業務です。
これにはリフレッシュ的なものもあれば、家族状況の変化に応じたリノベーションなどいろいろあるんですが、中でも家族構成が変わってのリノベーションって多いと思うんですよね。

そしてこれまで、そんな仕事をつづけてきた中で「内装のリノベーションって、夢の実現なんだな」という思いが強まってきました。
家って、どうしても住んでいるうちに不具合や物足りない部分が出てくると思うんですよ。

そういう「服が増えたからクローゼットがほしい」とか「夜でも音量を気にせず映画を見られるパーソナル・シアターがほしい」とか、いろんな思いを抱えつつ「まだ子供がいるから、あの部屋は生かしておかないと」と我慢してたりするわけですね。

そういったものを家族構成が変わったところで、自由に変更できるのがリノベーションだと思うんです。

たとえば、お子さんが結婚で家を出ていかれた後に犬をペットに飼いはじめたお客さまから、ペットとの共生を目的にしたリノベーションをご依頼いただいたこともありました。

「いっそ建て替え」という選択もありますよ。ただ、当然お金がかかりますし、家には家族と共に過ごしてきた思い出が残っているわけで、リノベーションのいいところは、そういった夢の実現とあわせて思い出もすべてとっておけるような提案ができるところでしょう。

仕事の流れは、まず営業マンがお客さまから言葉をひきだして、その思いを点ではなく全体の面としてとらえる。それを受けて、建築士やインテリアコーディネーターたちが提案していく。この過程には、ある程度時間がかかります。そのやりとりの中で育んでいく信用というのは、ホントに大切ですよ。

テレビ番組の影響もあってリノベーションが注目されるようになったのはうれしいことですが、一方では悪徳業者がらみの事件でわるいイメージもありますよね。そもそも内装リノベーションは生活空間の中に入り込んで作業するのが常ですから、信頼なしにはできません。それは着工までの間に育んでいくしかないんですね。

もちろん営業マンは、最後までお付き合いさせていただきます。工事中に「やっぱりこうしたい」といったご要望が出てくることもありますが、その対応を現場の職人にまかせてしまうと、まずうまくいかないんです。営業マンは、お客さまと現場の間に入って的確な指示を出す総合プロデューサーと考えています。何でも彼らにご相談いただければと思いますし、それが最良の形で夢をかなえることにつながるはずです。

資産価値を高める。『オーナーズリノベーション』   

入居者の満足。それは資産価値と比例します。
マンションやアパートは、新築時から5年目の鉄部塗装、10年目の防水工事、15年目にはタイル補修といった、定期的にメンテナンスをしておかなければいけないポイントがあります。
通常、管理組合がある場合には修繕計画は中長期にわたって立てられていますが、個人オーナー様が直接管理されている物件では、修繕のタイミングを図りかねているケースがしばしば。さらに建物の老朽化に伴う入居率の低下等、お持ちの物件に関する悩みは尽きることがありません。
スリーヴイホームは、そんなオーナー様の立場になって、大切な資産価値を高めるご提案をいたします。

●内装・外装を美しく保つ
傷んだ住宅に住みたいという人はいません。逆に言えば長期にわたって建物の美観を保つことが高い入居率につながってきます。改修工事はそのための投資と捉えることができるでしょう。

●入退時のリフレッシュリノベーション
次に入居を希望される方に「ここに住みたい」と思われるよう、オーナー様との提携により、長期にわたってコストパフォーマンスの高いリフレッシュリノベーションを提供します。

●時代のニーズに合ったリノベーション
古い建物を大胆に改築してデザイン性を高める、あるいは近年注目されるシェアハウス型にするといった、「今、好まれる物件」にリノベーションすることで注目を高めます。

●アフターメンテナン施工後一年から、外壁と屋根を対象に定期点検を実施。通常、外装のこまかな点検となると管理会社でも実施しないため、オーナー様に大変喜ばれているサービスです。

なお実際に施工に入ると仕上げのクオリティだけでなく、入居者の方々への配慮も大切です。夜の仕事で、昼間は寝ている方もいらっしゃいます。扉を表裏塗る場合は当然開けさせていただかないと塗れませんし、ベランダの防水工事なら植木の移動もお願いしなければなりません。そういった局面で、できる限りストレスをかけないためのキメこまかい入居者対応というものも「資産価値を高める」一環ととらえて、すべて当社が当たっていきます





Copyrights(C) THREE V CO., LTD All Rights Reserved.