オーナーズリノベーション事業

資産価値を高める『オーナーズリノベーション事業』


senmu_L.jpg

株式会社スリーヴイホーム
統括責任者
専務取締役 桑原 和也

スリーヴイホームでは、主に1F~5Fのマンションやアパートなどの中規模修繕を行っています。
オーナー様よりご相談をいただくと、入居率・収益性を高めるための専門プロジェクトチームを結成、修繕計画のご提案から施工、そして保証・アフターメンテナンスまでをすべて一貫した体制の下で実施します。
マンションやアパートは、新築時から5年目の鉄部塗装、10年目の防水工事、15年目にはタイル補修といった、定期的にメンテナンスをしておかなければいけないポイントがあります。
通常、管理組合がある場合には修繕計画は中長期にわたって立てられていますが、個人オーナー様が直接管理されている物件では、修繕のタイミングを図りかねているケースがしばしば。さらに建物の老朽化に伴う入居率の低下等、お持ちの物件に関する悩みは尽きることがありません。
スリーヴイホームは、そんなオーナー様の立場になって、大切な資産価値を高めるご提案をいたします。

●内装・外装を美しく保つ
傷んだ住宅に住みたいという人はいません。逆に言えば長期にわたって建物の美観を保つことが高い入居率につながってきます。改修工事はそのための投資と捉えることができるでしょう。

●入退時のリフレッシュリノベーション
次に入居を希望される方に「ここに住みたい」と思われるよう、オーナー様との提携により、長期にわたってコストパフォーマンスの高いリフレッシュリノベーションを提供します。

●時代のニーズに合ったリノベーション
古い建物を大胆に改築してデザイン性を高める、あるいは近年注目されるシェアハウス型にするといった、「今、好まれる物件」にリノベーションすることで注目を高めます。

●アフターメンテナンス施工後一年から、外壁と屋根を対象に定期点検を実施。通常、外装のこまかな点検となると管理会社でも実施しないため、オーナー様に大変喜ばれているサービスです。

なお実際に施工に入ると仕上げのクオリティだけでなく、入居者の方々への配慮も大切です。夜の仕事で、昼間は寝ている方もいらっしゃいます。扉を表裏塗る場合は当然開けさせていただかないと塗れませんし、ベランダの防水工事なら植木の移動もお願いしなければなりません。そういった局面で、できる限りストレスをかけないためのキメこまかい入居者対応というものも「資産価値を高める」一環ととらえて、すべて当社が当たっていきます。





Copyrights(C) THREE V CO., LTD All Rights Reserved.